海辺の宿 ごんたや

~房総半島・南九十九里浜・白子海岸~

白子海岸 のアーカイブ

第30回 白子テニスフェスティバル

bnr_tennis

全国のテニスファンに向けた一大イベント
「白子テニスフェスティバル」
今回はなんと第30回記念大会です!!

 
30回記念大会となる今大会もイベントが盛り沢山です。
浜辺でのパーティー、ライブ、恒例のサンバショー、
打ち上げ花火などなど。

大会は例年通り2日間に渡り、予選リーグ戦、
決勝トーナメントおよび順位別トーナメント初回
戦敗者によるミックスダブルスの予定です。

皆さまお誘いあわせの上、奮ってご参加ください。
詳しくは上のバーナーをクリックして下さい。

広告

波乗りさんも大歓迎

MH900430683

この度、サーファーさんのご用達サイト
「+BCMサーフパトロール」さんが
海辺の宿 ごんたやをpick upしてくれました。
是非、チェックしてみてください。
サーファーさんはバスタオル等のアメニティ類を
ご持参になってる方も多いですよね。
そんな場合は宿泊料金がお得になることもあります。
ハイシーズン等の宿泊状況にもよりますが、
ぜひぜひ、ご気軽にご相談ください。

当宿ではチェックアウトまでにお申し出頂ければ
おひとり様1タンク(10ℓ)限り「お湯テイクアウト」O.K!
こちらもご気軽にお申し出くださいね。
また、他にもサーファーさん向けの新企画も考案中です。
お楽しみに♪

しらこ桜祭り

sirakosakura

2013年が明けてからあっと言う間に2月です。
宿の前にある公園の「しらこ桜」の蕾が膨らみ
はじめ、春の訪れを感じさせます。

 sakura
「千葉県で一番早いお花見」を楽しめる白子町。
2月中旬~3月上旬が見頃の品種「河津桜」です。
ソメイヨシノよりもピンク色が少し濃いのが特徴。
毎年、枝一杯にきれいな花を咲かせ、
地元の私たちや観光で訪れる方達を
楽しませてくれます。
いつからか「しらこ桜」と親しまれています。
「しらこ桜」を楽しみながらのお散歩はご機嫌♪
ビーチライン沿いにたくさん植えられています。

「しらこ桜」がきれいに賑やかになる頃に
恒例の「しらこ桜祭り」が開催されます。
下記の通り。

sakuramatsuri

しあわせの「青い鳥」

チルチルとミチルで有名な「青い鳥」。
ベルギー劇作家メーテルリンクの童話劇です。

 
bluebird

 
しあわせを実現するという「青い鳥」。
童話でも青い鳥を探すことはと困難なことでした。
実はここ白子でも見かけることがあるんですが、
運が良ければ…といった感じです。
南白亀川沿いや剃金海岸にある池(?)の淵で
出会えるかもしれません。

めったに出会うことのない「青い鳥」。
運良く出会えたときにはそれはそれは気分上々♪
思わず手を合せて願い事しちゃいたくなります。
当然、近寄れば飛んでいってしまいます。
遠くからそぉ~っと観るくらいなんですけどね。
ホントに幸せな気分にさせてくれます。
幸せ感度の個人差はあるでしょうけれど…。

こちらにお越しの際には散策しがてら
「青い鳥」探しもしてみてはいかがでしょうか?
くれぐれも籠のご持参はご容赦下さいませ。

デルフィーノ施工証明書

sekoushoumeisho 001

インフルエンザやノロウィルス対策の一環として
抗菌・防臭・抗ウィルス剤 デルフィーノ
昨日まで5日ほど掛けて宿本館に施しました。

本日、㈱エデュプレスさんから早速、
施工証明書と施工済みシール届きました。
delfino1

もちろん、健康に配慮されている成分だけで
作られてるものですから赤ちゃん、
小さいお子さん、ご年配者にも安心・安全です。
どうぞ、安心して宿をご利用ください。

この寒くて乾燥した季節は気を付けていても
風邪、インフルエンザ、ノロウィルスなどが
流行してしまいます。
誰だって罹りたくないですよね。
宿は不特定多数の皆さんがいらっしゃる場所。
例え、万が一の事が起きたとしても
極力、最小限に極、小規模に防ぎたい。
そう願って施工した次第です。

青海苔の碑

aonorihi

南白亀川の旭橋近くにある碑。
「青海苔創業50周年」の碑です。

白子町の特産物である超レアな「青海苔」。
明治時代のはじめから南白亀川で養殖され
ています。九十九里浜で最も良質な青海苔
と評された青海苔業は白子町の水産業の
一翼を担うようになったそうです。

aonori

白子特産の青海苔は粉状ではなく、
板海苔の全形状で潮の香りと風味が
なんとも美味しくたまりません♪
白子のお正月には欠かせない
珍重されている食材です。

地引網発祥地の碑

jibikiami

白子町は九十九里地方の地引網漁発祥の地。
弘治元年(1955年)紀州(和歌山県)の漁師が
難破して現在の剃金海岸に漂着し、村人に手
厚い看護を受けたことから、お礼に地引網に
よる鰯漁を地元漁民に教えたそうです。
そして、この漁法を次々に伝授し九十九里浜
一帯に定着していきました。

これを後世に伝えようと、1991年11月、
県立九十九里自然公園内の剃金海岸入リ口に
『九十九里地引網発祥の地』の碑が建ちました。

 kanko-jibiki

現在では白子町の夏恒例イベントとして
「観光地引網」が行われています。