海辺の宿 ごんたや

~房総半島・南九十九里浜・白子海岸~

鰯漁 のアーカイブ

地引網発祥地の碑

jibikiami

白子町は九十九里地方の地引網漁発祥の地。
弘治元年(1955年)紀州(和歌山県)の漁師が
難破して現在の剃金海岸に漂着し、村人に手
厚い看護を受けたことから、お礼に地引網に
よる鰯漁を地元漁民に教えたそうです。
そして、この漁法を次々に伝授し九十九里浜
一帯に定着していきました。

これを後世に伝えようと、1991年11月、
県立九十九里自然公園内の剃金海岸入リ口に
『九十九里地引網発祥の地』の碑が建ちました。

 kanko-jibiki

現在では白子町の夏恒例イベントとして
「観光地引網」が行われています。

広告